2008年2月5日火曜日

うーむ感慨、Yukawa's meson theory

今日、量子力学の授業の中で「場の理論」の章に入った。

教科書とレクチャーノートともにはじめの方に、赤字もしくは太字で

YUKAWA’s Meson theory (湯川の中間子理論)

の文字が誇らしげにあった。
ボルツマン、フェルミ、アインシュタインなどの名前こそ頻出するが、初めて日本人の名前。やっと、ここにきてやっと西洋の物理の大家たちと日本人が肩を並べたそのページは、アメリカに来て半端ながら英語で物理を勉強する私には感慨深いものだった。


同時に、教科書がその理論に割いているのは数ページ。名前が頻出するシュレディンガー、ボーア、フェルミの凄さを実感した。彼らの伝記を読んでみたい

0 件のコメント: