2008年7月5日土曜日

帰国してから

6月中旬に帰国し、もう7月、二週間というのがあっという間に過ぎ去った。

帰国して一週間は体調を崩していたので特に生産的なことはできなかった。ただ仙台に入ってから不動産めぐり、諸々の契約や解約、引越し、大学院入試関連、上京、単位互換、研究室復帰など非常に忙しかった。毎日、教務課にいっていたきがする。おかげで実務能力はすごくついたと思う

単位互換に関してはこちらから積極的に働きかけた成果もあって、つい一昨日単位互換がスピード承認された。これでやっと安心して大学院の願書を提出できる。

大学院は今の大学を去ることを決めました。次の行き先は東西の雄のどちらかです、受け入れてくれるならば。二つの大学で同じ分野を受けるわけではありません。なのでどの大学に受かるかということは恐らく今後の僕の人生に大きく影響してくるでしょう。

どちらの大学も魅力的な人がいっぱいいます。物理の分野で魅力的な人というのは、一般的には変人を指し示すのですが。

入試勉強のようなものから離れていたので、問題が難しく感じるのはしょうがないけど、これから必死でやるしかないんでしょう。学問的にはやっぱり日本語で議論するのは楽だと感じるし効率がいい、自分は外に出る前に日本でしっかり基礎を作って出て行くべきだと再認識した。居心地もいいし。

忙しさで一年続けた日記も一ヶ月停止状態だし、アメリカでもらった手紙やメールに返信を返せないでいる。そういうのを勉強の合間にちょっとずつやっていこうと思う。

0 件のコメント: