2012年10月21日日曜日

Setup Mac OS10.8 in a brand-new MacBook-Air 物理のためのセットアップ


いろいろなサイトを参考にして設定していますが、そのリンク先は不完全です。逐次追加します。



物理のためのセットアップ(ROOT, MadGraph5, PGS, ExrootAnalysis, Delphes in MG5)

大変か?と思いきや、すんなり通った。このとき使っていたgfortranはHigh performance…でいれたgcc4.8のgfortranだったけど問題なく、 sourceもbinaryも動いている。

ただ、ExrootAnalysisをいれるときに1つ問題が明らかに。それは後ほど。

パスの設定を忘れずに(自分のルートディレクトリはroot-binary) in /.bashrc
export ROOTSYS=/usr/local/root-binary
export PATH=$PATH:$ROOTSYS/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$ROOTSYS/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export DYLD_LIBRARY_PATH=$ROOTSYS/lib:$DYLD_LIBRARY_PATH

<PGS>
問題なく通った。きちんのmac用のやつをダウンロードしましょう。

<Madgraph5>
これが通らないと困る。
1.本体のインストールは問題なし。
2.続けてコマンドから他のツールExroot.., pythia-pgs, delphesを入れる。

./bin/mg5
mg5> install pythia-pgs  ##問題なし

mg5> install ExRootAnalysis  ##怒られる
mg5> install Delphes ##怒られる

どうやらmakefileを書き換えなきゃいかんらしい。

詳しい方に頂いた情報を添付:
--- genMakefile.tcl     (revision 166)
+++ genMakefile.tcl     (revision 182)
@@ -276,7 +276,7 @@
 else
 ifeq ($(PLATFORM),macosx)
 # We need to make both the .dylib and the .so
-       @$(LD) $(SOFLAGS) $^ $(OutPutOpt) $@
+       @$(LD) $(LIBS) $(SOFLAGS) $^ $(OutPutOpt) $@
        @$(LD) -bundle -undefined $(UNDEFOPT) $(LDFLAGS) $^ $(LIBS) $(OutPutOpt) $(subst .$(DllSuf),.so,$@)
 else
 ifeq ($(PLATFORM),win32)

これでExRootAnalysisとDelphesは解決。よし。

0 件のコメント: