2012年10月21日日曜日

Setup Mac OS10.8 in a brand-new MacBook-Air

Setup Mac OS10.8 in a brand-new MacBook-Air

いろいろなサイトを参考にして設定していますが、そのリンク先は不完全です。逐次追加します。

TeX
http://w.livedoor.jp/mmt/d/TeX%B4%C4%B6%AD
http://milanista224.blogspot.com/2012/07/mac-tex-mountain-lion.html
http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/osx/install_texshop.html
How to Install Xcode, Homebrew, Git, RVM, & Ruby 1.9.3 on Snow Leopard, Lion, and Mountain Lion
http://www.moncefbelyamani.com/how-to-install-xcode-homebrew-git-rvm-ruby-on-mac/#important
Beginning OS X Lion
http://osx.miko.org/index.php/Beginning_OS_X_Lion/インフラ整備編
Macでバックスラッシュ
http://ibadora.blog17.fc2.com/blog-entry-20.html

0.USERNAMEを設定した覚えがないのに、apple IDで登録した漢字の名前を無理矢理アルファベットにして、PCのユーザー名になっていた!!注意!
例えば自分の場合は、tobioka(飛岡)とかではなく, hiokaがユーザー名になっていて、これがわからずログインできなくなった。あとでシステム環境設定のユーザーとグループで適切な名前に変更した。

1.購入履歴とシリアル番号を利用して Mountain Lionを無料ダウンロード+インストール(2012/8購入)
Mathematica/ Office2008 は大学のライセンスを利用してインストール

2.Install: Xquartz/ Xcode/ MacProts(mistake!, later this is replaced with Homebrew)
*MacPortsよりHomewbrewのほうが良さそうなので、ここは安易にMacPortsを導入しない方がいいかも
2-1.from Preference menu of Xcode, install "command line tool"

3.はじめのターミナル環境だと/.bashrcもないし、色分けもされていない
3-1.create bashrc and set it readable in bash_profile && introduce colors corresponding to file types as

##~/.bash_profile
if [ -f ~/.bash_rc ] ; then

. ~/.bashrc

fi

export LSCOLORS=exfxcxdxbxegedabagacad
export LS_COLORS='di=34:ln=35:so=32:pi=33:ex=31:bd=46;34:cd=43;34:su=41;30:sg=46;30:tw=42;30:ow=43;30'

##

4.Aliasを設定して、TextEditなどをターミナルで使えるようにする
alias TextEdit="open -a textedit"
alias Xcode="open -a Xcode"
alias Mathematica="open -a Mathematica"

5.LATEX
わかったのは、MacTeXというのをベースにUptexというものを入れて組み合わせれば便利みたい。
Macportsのたぐいはお世話になりません(安易に先にTexShopを入れて、あとで消すのが大変でした。MacTeXに入っています)
References:

5-1.Download and install MacTeX 2012 instruction:http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?Mac#h357d047
and then download and install UpTeX: http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/herogw/

5-2. In my case, PATH is not automatically set, and hence write in "/.bash_profile"

export PATH=/Applications/UpTeX.app/teTeX/bin:$PATH 
export MANPATH=/Applications/UpTeX.app/teTeX/man:$MANPATH 
export PATH=$PATH:/usr/texbin 
export PATH=$PATH:/usr/local/texlive/2012/bin
5-3. Start Uptex once for the initial setup

5-4.TeXShopの環境設定
encoding -> Unicode(UTF-8)
タイプセットの中のデフォルトのスクリプト -> TeX+DVI
内部設定PATH: (pdf)TeX ->/Applications/UpTeX.app/teTeX/bin
内部設定TEX+dvips+distiller -> Xtexshop

確認として\documentclass{jarticle}をコンパイルしてみる

5-5. Set up an environment of Japanese language following the reference ヒラギノとか


6.開発環境 gfortran, g77
結果として、基本的にhomebrewでインストールすれば楽だったと思う。とくにHigh performance computing MACOS ...(http://hpc.sourceforge.net ) から入れる前によく考えるべきだった。

install
6-1.homebrew いろんなところに情報がある
6-2.gfortran/apple-gcc42 brewでインストールしたものを優先的に読むようにパス設定
6-3.gnuplotなど

忘備録:High performance..で入れていたgcc gfortranのおかげでいろいろと怒られて、brew doctorで出てきたよけいなファイルなどを消さなくてはいけなかった。installの最後でリンク付けできませんといわれ続けた。たぶん、/usr/local/binも管理者権限も変更してやらないといけなかった。
まだ、後にcern rootを導入した際に設定したDYLD_LIBRARY_PATHはなんだか邪魔らしくて、基本的にはオフにしておいた方がいいらしい。これはアップルも認めているバグ!?これはなんとでもなる。



0 件のコメント: