2017年4月27日木曜日

El Capitanセットアップ、物理編

1.Spiresアプリを導入

データ移植は
~/Library/Application Support/spires/
の中身をコピー


2.Pythia8を入れるにあたって、hemebrewでgcc, gfortranを入れ、元からEl Capitanに入ってるものはPathを書き換え、呼ばないようにした(確かそれでPythia8のインストールを解決)
今は
gcc -v などで確認すると

gcc version 6.3.0 (Homebrew GCC 6.3.0_1) 
また
which gcc

/usr/local/bin/gcc

もとからあるのはコイツ

/usr/bin/gcc
参考
http://www.ketsuago.com/entry/2016/07/07/003437


3.ROOT
homebrew経由でインストールする、なんと便利な時代だ。。
root6じゃなくroot(5)をインストールしてみた
https://alexpearce.me/2016/02/root-on-os-x-el-capitan/#disqus_thread

4.Madgraph
まずpython3じゃなくてpython2.7とかが良いらしいのでpythonのシンボリックリンクをpython2.7にしてあげる。

その後、

MG5_aMC>install pythia8 
しかし、pythia8のインストールが止まるが原因不明
なので旧時代になりつつあるpythia-pgsをインストール
>>追記
pythia8が使っているLHPADF6を入れようとする際に、boostっていうところで止まっていた。これはLHPADFの使っているc++外部ライブラリらしく、それで止まっていたようだ。
(pythia8単体で入れたときはそんなことで怒られなかった気がするのだが)
https://lhapdf.hepforge.org/install.html
homebrewで
    brew install boost
でサクッと入れる。
その後、
LHAPDF was not found. Do you want to install LHPADF6? (recommended)  y/n >[y] [60s to answer] 
>y
Now installing lhapdf6. Be patient...
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   349  100   349    0     0    760      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   760
100  680k  100  680k    0     0   405k      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--  569k
Installing tool 'lhapdf6'...
    > Follow the installation progress by running the command below in a separate terminal)

    > tail -f /Users/KT-macpro/work/MCtools/MG5_aMC_v2_5_4/HEPTools/lhapdf6/lhapdf6_install.log
指示通り
tail -f /Users/KT-macpro/work/MCtools/MG5_aMC_v2_5_4/HEPTools/lhapdf6/lhapdf6_install.log
を別のターミナルで走らせる。


ExrootAnalysisは".bash_profile "に
export ROOTSYS=/usr/local/Cellar/root/5.34.36_2
export PATH=$PATH:$ROOTSYS/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:$ROOTSYS/lib

export DYLD_LIBRARY_PATH=$DYLD_LIBRARY_PATH:$ROOTSYS/lib

を入れると

MG5_aMC>install ExRootAnalysis
行けた!

まだまだセットアップ継続中。。

0 件のコメント: